照明選びのコツを掴むーその3

間接照明

「お気に入りの家具は揃ったし、レイアウトもばっちりだけどなんかしっくりしないし、部屋全体をおしゃれに演出したい」とお考えの方。間接照明を見直しませんか。
間接照明は日中でも明かりでお部屋を素敵に演出する重要なインテリアのひとつです。

また間接照明は明かりとしてだけではなく、精神衛生上でも、気分を落ち着かせてくれるなどリラックス効果も与えてくれます。

オススメのポイントは、その名のとおり間接的に空間を照らして効果を作り出すインテリアですので、照明を当てる対象を選んで配置するということが効果的に重要なポイントになります。

一般的に間接照明とは、スポットライト・ブランケットライト・フロアスタンド・スタンドライトなど、後から取り付けたり、設置することが可能な照明のことを差すことが多いようです。

①天井に光を反射させて空間を作る

フロアスタンドなどで天井に光を向けて、反射した光でお部屋を照らす基本的な使い方です。間接照明のコツは、明るく光を反射しやすい天井や壁に向けて光を当てる事です。物が多くある場所に光を向けると上手く反射しない場合があります。

天井を間接照明で照らす事で反射した光がお部屋全体に広がって、天井側は明るく足元は暗めになるので、落ち着いたリラックス間の高い空間を作り出すことができます。

②壁を照らして立体感を作り出す。

光の濃淡効果を利用して視覚的に立体感を作り出す方法です。例えばテレビの裏やソファの裏、ベッドの裏、観葉植物の鉢裏にスポットライトやクリップライトなどの間接照明を隠して壁を照らしますと光があたる所とあたらない所に濃淡が出てくるのでお部屋に立体感を作り出すことができます。

また間接照明で照らされている所に視線を集める効果もあるので、テレビの裏などを利用して壁を照らすと、映画などを集中してみることもできます。

③注目させたい物に光を照らす

人は光があるところや明るいところに自然と視線がいきます。お部屋の目立たせたい絵や写真、植物など注目させたい物にスポットライトを使って光を照らしあげると、そこに視線を集める事ができるため注目させたい物を際立たせて印象的な効果を出すことができます。マンションのモデルルームや美術館などでよく見る使い方ですね。

間接照明を置くときのポイント

間接照明は複数配置が効果的

間接照明の効果を高めるため【一室多灯】は、もはや間接照明を利用する際のスタンダードになりつつあります。

間接照明は複数を組み合わせる事でお部屋全体が明るくなり、空間にメリハリが生まれるからです。“照明は2つ以上”を意識して、お部屋のコーナー部分にはフロアスタンド、床にはフロアランプ、机や棚上にはデスクスタンド等、それぞれの照明をシーン別で組み合わせることがお部屋をグッと魅力的にするコツです。

背の高い照明はコーナー部分に!

フロアスタンドなどの高さのある照明はソファサイドやお部屋のコーナー部分を利用して置きましょう。そうすることで視線がお部屋の奥にいくので広がりが感じられ、お部屋を広く見せることができるます。

また、和室のお部屋には行灯型や竹細工などの和をモチーフにした間接照明を置く事で、和の趣きのまとまりができてより広く魅力的なお部屋になります。そんなテイストを加えることでお部屋の雰囲気も素敵に変身します。

机や床にはコンパクトな照明を!

コンパクトな照明、例えば床にはフロアランプや机にはデスクライトを置くだけでも、お部屋の印象はグッとオシャレな雰囲気になります。照明を足元に置く事で、照明に対して親近感が湧くし、光の重心を低くしたことで落ち着いた空間を演出することができます。

精神的にやすらぎ効果が期待できます。

職場の明るい照明やパソコンのライトを1日中浴びて家に帰宅して、帰宅後もスマホやテレビを見て過ごす。なんて生活パターンの方も多くいらっしゃると思いますが、そんな風に夜も明るい光を直接浴び続けていると、睡眠周期をコントロールする働きのあるメラトニンが分泌されにくくなり、そのうち体調のリズムか狂って寝つきが悪くなり、睡眠の質が低下してしまう現象が起きてしまう可能性が高くなります。

 間接照明は光源が直接見えないので目に負担をかけず、また温かみのある光が副交感神経に作用して心地よいリラックス状態を作ってくれます。食事が終わって就寝までのひと時は、主照明の光量を落とし間接照明をうまくアレンジして1日の疲れをクールダウンしましょう。寝付けないときは、間接照明だけで過ごすのも良さそうですね。

照明に使われる光の色による作用

照明に使われる光の色には

・活動的にする青白くさわやかな昼光色

・生き生きとした自然な光で昼光色より白っぽい昼白色

・心身のくつろぎ感を高めてくれる赤みを帯びた温かみのある電球色

間接照明を使ってお部屋に落ち着いた雰囲気・くつろぎ感を演出したい時は電球色を使うことをオススメします。

電球色のオレンジ系の光には、人にリラックスを与えてくれる効果があるからです。そのため、家族が集まるリビングや1日の疲れを取る寝室には電球色を使う事が多いのです。

最後にせっかく間接照明を使っているのに、残念な結果になってしまった失敗例をご紹介します。

間接照明が生活感の漂うものを照らしている

エアコンやカレンダー、整理棚といったような生活感の漂うものを照らしてしまい、部屋の雰囲気を損ねている可能性があります。

間接照明は壁や天井に光をあててその拡散光が空間を照らしますので、当てている壁面や天井の表面には何も無いことで、光がグラデーション状に美しく伸びます。こういうことが無いためにも、家具の配置は打ち合わせで十分検討しておくのがポイント。

忘れがちですが時計の配置にも注意が必要です。

 

光源が見えている

間接照明は光源を隠し、漏れる光を使って部屋を演出するテクニックです。光源が見えていると、残念な印象に。

間接照明は文字のごとく「間接的な光」ですので、基本的に照明器具の光源自体を隠すことが基本です。

照明器具や手法にあった配置や建築的なおさめで光源がみえないように処理されているか、設計士やインテリアコーディネーターさんに念のため確認してみましょう。

間接照明だけを照明として使っている

部屋全体を照らす直接照明を使用せず、間接照明だけを使っているケースです。

間接照明がうまく使えないと、おしゃれな部屋をつくるはずが、かえって逆効果になることも少なくありません。大切なのは、間接照明の基本テクニックを覚えること。基本を守るだけ、誰でも簡単におしゃれな光の演出を楽しむことができます。

基本的に部屋全体を明るくする主照明(シーリングライト・ペンダントライトなど)がメインで、その名の通り間接照明は、どちらかといえば補佐的なポジションです。あくまでも主照明とのバランスで光のグラデーションを演出したり、遠近感や光の濃淡を表現するものなので、単なる部屋を明るくする照明として使用するのは非常にもったいない使い方といえるでしょう。

間接照明はその使い方をよく理解して部屋の明かりを演出するなら、非常に 効果的なアイテムですが、使い方を間違えると、違和感があったり、すごく野暮ったくなってしまいます。主照明は部屋全体を明るく照らし、間接照明は天井なり壁なりを照らすことで部屋に明かりのアクセントを演出するものという基本を理解して、活用しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です